G7伊勢志摩サミットにてポリオ撲滅の目標達成を再確認

Ise Shima.jpg

本年52627に開催されたG7伊勢志摩サミットおいて、G7各国首脳は、ポリオ撲滅の目標達成を再確認しました。 

G伊勢志摩首脳宣言において、G7各国首脳は「国際保健のためのG7伊勢志摩ビジョン」に基づいて行動することを約束。その中で、費用対効果の高い感染症対策として予防接種の重要性や、ポリオ撲滅の目標達成へのコミットメントを再確認しました。 

 

また、安倍総理からは、G7議長国として公衆衛生危機対応感染症対策やUHCの達成に向けた保健システムの強化等の観点から今後新たに約11億ドルの支援方針を決定した旨併せて発表がなされました。 

 

ポリオ議連は、本サミットに向けて、「G7伊勢志摩サミットに向けたポリオ根絶に係る要望書」を政府に提出するなど精力的に活動して参りましたが、その成果がこのような形になったことを大変喜ばしく感じております。 

 

2019年までのポリオ根絶のためポリオ議連は引き続きポリオ根絶に向けた支援を強化して参ります

 

 

関連リンク:

G7伊勢志摩2016

外務省G7伊勢志摩サミット