世界保健機関 (WHO) ポリオ根絶イニシアティブ 医官 岡安裕正氏との面会報告

timg_0966.jpg

2017年1月5日、世界保健機関 (WHO) ポリオ撲滅イニシアティブ 医官 岡安裕正氏は、ふじすえ健三事務所を訪問し、最新のポリオ根絶状況や、今後3年間で必要な取組み等について説明いただきました。

昨年、ナイジェリアでは、2年間の鎮圧期間を経て、ポリオの再流行が確認されましたが、2016年のポリオ症例数は36症例にまで減少させることができました。岡安氏からの説明後は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年内のポリオ根絶を目指し、日本が出来ることについて活発な意見交換がなされました。
 
ポリオ議連は今後も、WHOらパートナー機関と共に、ポリオという病気に苦しむ人のいない世界実現に向けて、取組んで参ります。